2019年06月13日

姑様、おかえりあそばせ

仕事が繁忙期に入り、納期に迫られておりますので、忙しいを理由にきのうは見舞いに行かなかったところ、夕方あちらから電話がかかってきました。
スマホに姑の名前か表示されると、出たくない、だけれど、声を整えて愛想よく出ます。
姑の第一声、、、「今どこにおるの?」

病院に行かなかったんだもの、家ですよ。

「ああ、すみません、急忙しくて行けませんでした、家にいます」
何だか気まずくなりますが、言いわけするしかないので。

来てくれないから、取り急ぎ電話しました的な感じ?

用件は、土曜日の隊員が決まったそうで、主人と私が来れるか?ということ。

やっぱり帰ってくるのですね。
意外やめちゃ元気だものねー。

部屋を掃除したり、迎えの段取りしないとね。

姑の入院当初は自由だ!と思ったものの、「見舞いに行くか行かないか」で憂鬱になり、仕事や家事をやりくりしながら、行きたくない見舞いのために2日に一度の見舞いに行く時間をつくるというのは体力的にも精神的にもしんどかった。
いるといるでうっとうしいけれども、下で寝ていてくれたほうが楽ちんだなーと思います。
何といっても、見舞いに行って、姑と二人きりで30分会話するというのがもう嫌。
どうぞ帰ってきてください。そして、今までどおりの生活を。

二世帯暮らしはいいことないけれど、変わらないことが一番ありがたいことなのかもしれません。

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 10:45 | Comment(0) | 二世帯はじめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

姑の見舞いのことを考えるとお腹が痛くなる説

きょうは雨です。
姑の見舞いにいかなあかんなーと思っていたけれど、こういう天気だと迷ってしまいますな。

きょうは行こう、洗濯物もあるし、きのう、行ってないから行かないといけないと思うのだけれど、なかなか足が向かない。
この前も行こう、行かないといけないと思って、家を出たものの途中でお腹が痛くなってきて、買い物だけして帰ってきてしまいました。
お腹が痛くなったから行けなくなった、、、というのが私の中で口実で、誰に言いわけするでもないけれど、実際お腹が痛くなって、帰る理由、行けなくなった理由づけができてよかったという気持ち。
嫁の心は複雑じゃ。

次の日には用事もあって何としても行かないといけないから行きましたが、仕事もあって夕方から出かけるのってめんどくさいしかない。
でも、行きます。

「やー、来てくれたん。あんた座布団忘れてるで」と言われ、それはわかってるんだけれど。
前回同様、ずっと寝ているとお尻が痛いらしく、その前に行ったときに「円座が欲しい」と言われていたので、ああ、前に買ったやつがあったかもと、家に帰って探したけれど、見つからず。
お腹がいたくなった日に、実はホームセンターやらに見に行ったけれど、薄めの手ごろな円座って売ってないのだわ。
「持ってきて」と言われていたのに、手ぶらで行くわけにもいかず、そうこうしているうちにお腹が痛くなってきて、そのまま帰ってしまうというのが本当のところ。

円座を探す、、、何か、これ、デジャブか?
前にもこういうことがありました。

まだ円座が見つからないので、とりあえず、手持ちのクッションを持っていこうか。
それよりまず雨の中、行くか行かないか、悩んでみる。
ラベル:姑入院 姑見舞い

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 09:02 | Comment(0) | 嫁姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

姑の見舞いに行きましょう

先週初めに姑が膝の手術のために入院して、手術も無事終わり、翌日から透析も始まって、リハビリもしているようです。
お歳がお歳なだけに術後の体力の回復はどうかと思っていましたが、体は自由に動かせるほどでもなく、傷口が痛い痛いと嘆いていますが、トイレも何とか介助してもらって1人でできるみたいだし、もうお口のほうは完全復活しております。

私はやっぱり「姑の見舞いにいくか、行かないか問題」に心を悩ませ、まだ2回しか行っていなくて、そのうちは1回は透析中で、洗濯物とお茶を届けて置手紙をして帰ってきたので、実質会えたのは1回だけ。
仕事の都合により、土曜日も主人だけで行ってもらったので、きょうは透析の日だけれど、さすがにそろそろ顔を出さないと。透析の時間をずらして行かないといけないし、めんどくととしかないけれど、嫁の義務を果たさねばと思っています。
行っても話すことないしなー、あんまり興味ないけれど、「ぐあいどうですか?」と聞いて、世間話をして、必要なものを売店に買いに行って、30分を過ごします。
まあ、それだけのミッション。

嫁だもの、家族だもの、そのぐらいはしないとね。
ラベル:姑入院 姑見舞い

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 09:04 | Comment(0) | 嫁姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする