2022年01月24日

「二世帯で暮らす」から旅立ちます

昨年の年末からみたびの挑戦とnoteを始めて1か月。
自分をの書きたいことを書いて、気楽に何とかやっていけそうな兆しが見えたので、こちらのブログの更新を一旦休止することにしました。
休んだり、引っ越しして戻ったり、紆余曲折しつつも長年続けてきたブログですが、環境も変わり、書きたいことにも変化が出てきたので、一歩踏み出したいと思います。

「二世帯で暮らす」から旅立ちますね。

これからはnoteでお目にかかれればと思います。どうぞお気軽にお越しください。

noteの記事はこちらから


ラベル:Note
posted by ぱせり at 10:11| Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

二世帯暮らし20年目の心得

年末、お正月から姑と関わることが多くなって、ストレスがたまると思っていたのだけど、今までよりちょっとましだったように思います。
それはなぜか?

私の中での意識改革があったからです。

今年で二世帯で暮らして20年目に突入。
これまでも書いてきたように、子供たちが小さかった10年前と比べてだんだんと環境が変わり、嫁姑の力のバランスや付き合い方も変わってきたように思います。

そして、年末からお正月を忙しく過ごす中で、もうやめようと思ったことが幾つかあります。

実家と関わることに罪悪感を持たない。
実家に行くときに「すみません」と言わない。

透析やデイサービスの送迎時に私がいなくてもいいんじゃない?
送迎のドライバーさんに迷惑をかけない程度で、事前に報告しておいたら、後は自分でやってもらう日があってもいい。

そして、その後に「すみません」とか、「どうでしたか?」「大丈夫でしたか?」とは一切聞かない。

今まで、私が家を空けることに罪悪感を持ち過ぎました。
実家に帰るのにも遠慮して、平日に行くことはまずありません。
信じられないかもしれないけれど、親の入院とか困ったことが起こった以外は、お正月、お盆や行事のときに家族で行くことを除いて、名目がないと1人では行かないです。
20年間ずっと。

今考え方るとちょっと異常ですよね。

でも、もうこの歳になって、両親も年老いてきました。
残された人生で、あと何回会えるんでしょうね。
元気な間にもっと会って、話しをしたり、気軽に出かけて買い物をしたり、食事をしたり、それこそ旅行にも連れていってあげればよかった。
二世帯で暮らしたがために、姑に遠慮して、娘としてできたこと全て放棄してまったんです。

今になって、とても後悔しています。

姑がなんだ。

嫁いだらもう娘ではなくなるわけでもないのに、私の考え方が古かったのか、姑との戦いに長年を費やして自分の親とのつながりをないがしろにしてしまいました。

これからはもう気にしない。
愛想をしない。
ご機嫌を伺わない。
意味なく「すみません」とは言わない。
姑に対してもぞんざいな扱にはならないくらいに、当たり前のことを当たり前にしていけたらと思います。

皆幸せで、健康平和でありますように。
posted by ぱせり at 12:09| Comment(0) | 嫁姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

今年は「王になった男」から始めます

昨日張り切って更新しようと思ったのに、Seesaaにアクセスできない状態に。
どないなっとんねん、Seesaaは。
勢いあまっていたので、noteのほうを更新しました

新年明けてから、1発目に観始めた韓ドラは「王になった男」


これは面白いですよ。
イ・ビョンホン主演で映画になったもののヨ・ジング主演のテレビ版です。
私は今回のテレビ版が初見で映画を観たことがないので、分からないのですが、ちょっと焦点が違うようです。
某紹介サイトでは、「中盤からは映画と全く違うストーリー展開」と解説されています。

私が韓ドラにはまるきっかけとなったのは「オクニョ 運命の女」だったのですが、その前にテレビで観ていた「宮廷女官チャンムグの誓い」「ファン・ジニ」を経てきています。当時はやった「冬のソナタ」や「イケメンですよ」などは通っていない派なんですよね。
やっぱり私は時代劇のロマンが好きなのだと自分の韓ドラの好みが分かってきました。

時代劇って、衣装がきれいでしょう。
役者さん全てが美しくて、セリフも丁寧だし、戦うシーンなんかもかっこいい。
ロマンスがあるけれど、奥ゆかしくて、うっとりとするシーンばかり。
現実離れしているところがいいですよね。
これは、タカラヅカとかにも通じる部分かもしれません。

前16話中、6話観たところですが、中盤からの映画とは違うストーリー展開というのが楽しみです。

年末まで「恋慕」をずっーと観ていたのですが、これも時代もの。


王が入れ替わるという設定は似ているけれど、重厚感が全く違います。
ラブコメ的な時代劇でした。
雰囲気は「新米史官ク・ヘリョン」と似ています。
BL的な要素もあり、でももともと女だら違うのか?何かややこしい設定で、最後まで観ましたが、よかったようなよくなかったような、、、星3つぐらいです。

時代劇は初めは時代設定や名前や身分ががややこしかったり、とっつきにくいかもしれませんが、はまると安定の面白さがあります。
日常を忘れて、時代を飛び越えたロマンを体感してみませんか。
後日追記
posted by ぱせり at 12:04| Comment(0) | 韓ドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。