2019年08月19日

姑に気遣いは無用です

長い夏休みも終わりました。
ことしは次男が受験の年で、主人の休みが暦どおりだったので、旅行もなく、私は本ばかりを読んで過ごしていました。
毎年お盆になると、ご近所さんにはお孫さんやらがやってきてにぎやかになるので、姑はややおかしくなりがち。
私はできるだけ下には行かず、姑と接することを避けていましたが、どうしてもお墓参りや仏壇のお供えのことなどで話をすることになり、そのたびひねた姑の態度にまたまた嫌な気分になります。

姑の透析のない日に合わせてわざわざお墓参りの日を設定したのに「暑いから行かれへんわ」と言われ、夫婦だけで行くことに。
当日は台風の影響もあって曇りがちで風が強くて暑さがマシだったので、行く前に一応声をかけてみたけれど、やっぱり行かないと言うのです。
もう、ほっぽいて行きましたが、実際に行ってみれば全然暑くなかったし、姑も問題なく行けたん違うかなーと思います。
世間様はお盆休みで孫や何やらとうかれている中、姑だけが家にじっとしているのも暇だろうし、気分転換にとこちらはこちらの気遣いで誘っても、何の意地を張っているのやら、しんどいアピールで気を引いているのか。
そういうことは、私の心にはいまや全く響きませんので。
きっと私たちが出て行ったあと、姑は一人で家で行けばよかったーと悶々としていたはず。
素直に行くと言えばいいものを。

また次の日には、私たちが実家に出かけたら、そのときはいってらっしゃいと機嫌よく送り出してくれたはずなのに、帰ってきて顔を出すと、熱中症になったみたいで体がだるいだの誰もいないから一人で我慢していたみたいなことを言う。
見た感じ、そんなふうには見えないけれど。
そんなことを聞くと、実家に行った楽しさも消えて、やっばり行かなかったらよかったという気持ちになってしまいます。
私は別に頼まれたわけじゃないけれど、姑のこともあるからほとんど毎日をこの家で過ごしていますよ。
実家に行くのはお盆と正月くらい、羽根をのばしてもいーじゃないの。
あーーーー、気兼ねなく暮らしたい!

言われたことを一々気にしたら、何もできなくなってしまいます。
何をやっても気に入らないんだから、もう気に入らないこと前提で、無駄な気遣いはしないこと。

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 23:41 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

そろそろお盆モードに

お盆も近くなってきたし、お墓参りもいかないと。
仏壇へのお供え物も準備して、姑にわかりやすくお盆モードを発動しなければ。

嵐の前の静けさか、きょうも一日ほとんど何もせず、ぼーっと過ごしてしまった。
五十肩が痛くて、病院にいくべきか、自然に治るのを待つか、薬を飲むか、張り薬か、ストレッチをするか、今はしないほうがいいのか?
どーすりゃいいんだと、ずっとネットで調べていた。
何だかすっきりしないし、こういうことから気を病んだりすることになるのかも。

ブログだけでも書こうと思うのだけれど、最近は世の中SNSあふれかえって、吉本の話はもう要らん、人のうわさ話は姑だけでもうたくさんだし、子供の虐待、あおり運転、あちこちカメラで監視されて、誰もかれもが記者や評論家になってどこかに投稿しているから、見るのも聞くのも疲れてしまうわ。
Lineの会話に入るのも面倒だし、この話、あー、どーでもいいなあと思ってしまう。
皆そんなことないのかな。ほんとにLineってめんどくさい。おばさんだからか?
このブログも人のためにもなっていそうにないし、やめてしまえ!と何度も思うのだけれど、書くことで気持ちが整理できたり、嫌なことも少しはましなことに考えられたりするので、やめる決意がなかなかできずにいる。

ああ、深夜につらつら書いているといいことないから、またあした出直します。

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 00:57 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

ピュアな心を取り戻せ

高校野球が始まって、大体毎日高校野球を見ています。
長男の中学のときの野球チームで一緒だった子の弟くんが出ているので、より楽しみな甲子園。
母は本当にうれしいだろうし、3人の野球少年を育てたこれが最後、ご褒美になってよかったなーと思うとともに、同じように甲子園を目指していても、どうしてうちの子はダメだったんだろうな、甲子園に出る喜び、誇らしげな気持ちを味わいたい、母の気持ちってどんななのぉとうらやんでしまう。

当時ベンチ入りもできずに夏の大会で応援席で応援していた息子の姿を見て、母としては心が痛く、ベンチ入りの母とそうでない母の間にもやっぱり温度差ってあるのですよ。
決してきれい事じゃなく、チームのみんなを応援すると思っても、おもしろくないし、うらやましい気持ちしかないのですから。
夏の地方大会で敗れた最後の試合の後、皆が記念撮影だとかで名残りを惜しんでいる中、その中に気持ちが入れずにに、そそくさと退散したら、同じタイミングで球場をあとにした同じくベンチ入りできなかった子の母がいて、「何だかねー」と複雑な気持ちを語り合いながら電車で帰ってきたことを思い出します。

よく熱闘甲子園なんかでは、ベンチ入りメンバーとできなかったメンバーの「ベンチ入りできなかったメンバーのためにも、、、」とか「ベンチの外でも応援している」という美談が語られるけれど、それはすごいきずなだし、本当に仲間と頑張ってきた証なんだと思います。
当時の私は未熟な人間なのか、妬みしかなかったなー。

私の心は姑との日々の戦いの中ですさんでいますから、球児たちの姿を見てピュアな心を取り戻すことが必要かも。

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 11:54 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする