2017年06月22日

生きるための透析

家の電話が鳴る。
「もしもし」と出ると、「私、、、」とか弱そうな声を出している。
姑が下からかけてきた。いつものことだけれど、これってちょっとイラつく。
下にいるのに電話って。
トイレに行っていて気づかなかったけれど、携帯にも着信があった。
このしつこさは何事?動けないとか?
そのまま話を聞いていみると、、口内炎口の中が痛くて、何も食べられない。何か薬か、くちゅくちゅするやつないかと。
携帯、家電とかけているから、何か切迫した状況なのかとどきっとしたけれど、そんなしょうもない用事か。
それでも姑が今と言ったら今なので、すぐに下におりてみる。
とりあえず「どうしましたか」と顔を出す。

しんどい、食べられない、口が痛い、透析はきつい、私はもう死ぬと思う、ああ、もうきっと死ぬよ、、と何だかうつ状態に入っているようだ。

きょう透析に行って、しんどいのだろう。
先日は姑いわく、透析中に「気絶した」のだそうだ。
病院で管理のもと透析していて、そんなことあるんだろうか。
大体思い込みが激しい人だけれど、もし本当に気絶していたとして、病院はほおっておくことはないと思うのだけれど。

そういうことがあって、かなりナーバスな精神状態になっているようだ。
「私はもうこのまま死ぬと思うで」と言う。

それを聞いて、私はどう答えればいいのか。
「そうですね、もうダメですね」でもなく、「いやいや、大丈夫ですよ」でもなく、、、どっちにしても姑はあー言えばこういうで、正解はない。

それには答えず「本当にくちゅくちゅするやつでいいんですね」と確認しただけで、
「知らんやん!」
と逆ギレされた。

大体「死ぬ、死ぬ」と自分で言っている間は死ぬことはないと思っている。
入院していたときに、覚悟してくださいと医者に言われたときのことを思えば、全然元気だ。
そのときは対処がよくて、奇跡的に助かったけれど、まさにあのとき、私は人が死ぬかもしれない様相を見た。
だから、言える。
まだあなたは死にません。

まして、生きると決めたから、透析を受ける道を選んだのだ。
あのとき「生きたい」と思ったはず。
だから、今、生きるための透析をしている。
死にたければ、透析をやめたら、それはもう苦しみながらだろうけれど、すぐにお迎えがやってくる。

買い物に行きたい、髪を切りに行きたい、老人会の集まりに行きたい、カラオケに行きたい、、、欲望がすごい、しかもなんだかんだ人を利用して実行している。きのうも私は老人会の集まりに送っていった。
電話で呼ばれ、お迎えにも行った。
車の中では「楽しかった、皆が皆で話すから〜」と上機嫌だった。
きのうあれだけエンジョイしておいて、きょうは死ぬって、どういうこと?

くちゅくちゅするやつを買いにく途中、何でキレられなあかんのか、たったこれだけを買うために私を呼びつけ死ぬだの何だの言いたかったのか。

何とも言えないもやもやとした気持ちで家に戻り、姑に「これでいいんですよね」と手渡した。
「本当にこれだけの用事ですか、私に何か言いたいことあるんじゃないですか」と聞いてみた。
姑「何で?」
嫁「怒ってはったから」
姑「痛くてイライラしてたからやろ」
嫁「死ぬとか言われて私は何とも言えませんよ、どういうたらいいんですか」
姑「そら、はよ死ねって言うたらええねん、ははは、冗談やん」

はー?今、冗談言うタイミング?
自虐か?
バカにしてるんかと思う。
言われたとおり、今と言えば今、私はこのくちゅくちゅするやつを買うためだけに、ドラッグストアへ車で買いにいったのに、誰のために、、、。

私は人としてそれは間違っていると思うから、「はよ死ね」とは言わない。
やっぱりそういうことを言う人間と思われているのかと、がっかりする。
むなしいとはこういうこと。

苦しいかもしれないけれど、透析をしているから、減塩しないで好きなものを食べることができているし、出かけることだってできている。
かまってほしい、心配してほしい、わかってほしい、病人のわがままに周りは振り回される。

「生きるための透析ですよ」とだけ言っておいた。
生きるも死ぬもあなた次第です。
私は何もしない、ただ見守るだけ。

スポンサーリンク

タグ:嫁姑 姑病気
posted by ゆりゆり at 00:37 | Comment(0) | 嫁姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

姑はお留守番で

長男の二十歳の誕生日で、ダンナが夜に高級焼肉を御馳走してくれるという。
ヤッホー!

申しわけないけれど、姑はお留守番となるわけで、姑に私たちが出かけることを告げなくてはならない。
都合の悪いこと、嫌なことにはダンナに間に入ってもらう。
これが一番。

次の日には、下でご飯にするからということで、一応フォローも忘れない。

だけど、すねている。

現実問題、電車に乗っていくのだから、連れてはいけない。
本人もわかっているはずだけれど、「私を置いて、、、」という空気を出してくる。

なんとなく気まずい気分を抱きつつ、
「出かけます、鍵は閉めて行きますね」と声だけかけて家族でささっと玄関を逃げるように出る。

仕方がない。
楽しい気分にも水を差される💧
何か沈むなあ。
というか、家族でご飯を食べに行くのにも気を遣う二世帯暮らしって、精神的によくない。

スポンサーリンク

posted by ゆりゆり at 15:03 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

めざましテレビの占いで1位

1位 おとめ座 頑張りが実を結び大きな目標を達成。周りの声に流されず自分を信じ行動。
アドバイス:熱い言葉で思いを伝える
 

こういう占いはきのうの沈んだ気持ちも上げてくれる。

大きな目標ってなんだ?
熱い言葉で思いを伝えるって、、、何を伝えればいいんだ!

きょうこの時を逃してはいけない。

二世帯暮らしでそうそうついている日なんてない。

まず、行動!

自称「二世帯暮らしアドバイザー」となるべく夢をかなえるためにブログを更新してみる(笑)
何の資格もないぞ💦

メルカリデビューしてみた。
先日あさイチで自分が要らないと思っているものでも、他の人が欲しいと思うものがある。フリマサイトに利用価値があると話題になっていた。
そうそう、私はかつてハワイアンショップをしていたから、在庫がいっぱい残ってるのだけれど、いろいろ思い入れもあり、なかなか手放せなくて放置したまま。
置いていると、商品は劣化してしまう。
ヤフオクでの出品経験はそこそこあるので、最近出てきたフリマ、これはやってみると意外といけるかも。
先にメルカリには登録して、ネットでテクニックも調べ済みだ。
なかなかきっかけがなくそのままになっていたけれど、今がその時!
写真をとって、アップして、説明文を書いて、値段をつけて、出品完了!本当に簡単にできる。
いまだスマホユーザーではないので、スマホからスイスイというわけにはいかにいけれど、パソコンからでも出品できるようになっている。むしろパソコン派の私には、文章の打ち込みはパソコンのほうが早いし、画面が大きくて見やすいから都合がいい。タブレットとの併用でばっちり出品できた。
久しぶりに販売者の魂に火がついたというか、商品を売ることに喜びを感じる。

あと、やらないといけないことは、資格をとること。
手相占いで言われたからね。
ある資格取得を目指しているので、9月の試験に向けて勉強せねば。
頭が固くて全然暗記がでないのだけれど💦
やることに無駄はない。

二世帯暮らしに足をとられておぼれているだけじゃ自分がなくなる。
住み始めたころから「自分らしく、頑張り過ぎずに頑張ろう」ということをいつも思っている。
それがうまくいかないのが現実だけれど、何かのときに立ちどまって「自分らしく」ができているか確認することを忘れないようにしよう。

以上、熱い言葉で気持ちを伝えてみました😃

スポンサーリンク

posted by ゆりゆり at 12:05 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする