2018年06月21日

地震に備えて、二世帯の場合

月曜日の地震にはびっくりでしたが、幸い我が家はうまいぐあいに長男は通学で家を出る直前、次男は研修日で出る時間が遅かったため、家にいたので、無事でしたが、主人だけはいつもどおりの出勤で、電車がとまってしまい、立ち往生に巻き込まれるということになりました。
結局のところ、途中の駅でおろされ、17キロを徒歩で帰ってくるという荒業で、4時間かかったそうですが、自力で帰宅しました。
修行か!?

私の体感としては、阪神淡路のときよりも揺れは強くて、立っていられない状態でした。
被害としては、食器棚に適当に押し込んでした、湯飲みが2つ落ちて割れてしたこと、主人の趣味のガンプラが棚から落ちて破壊されたこと💦
その程度です。
慌てて1階の姑の様子を見にいきましたが、歩行器で歩いていました。
「大丈夫やよ、氷を食べよう思って」とのん気なもんです。

二世帯住宅の場合、やっぱり1階より2階のほうが揺れが大きかったと思われます。
地震がきたらどうするか?
日ごろから家族で話しておいたほうがいいですね。

姑は歩行器からベットに戻って座って余震に備え、様子をみてもらうようにしました。
2階では、子どもたちとリビングに集まって、テレビでニュースで情報を得て、主人とラインで安否確認、状況を報告し合いました。

我が家は1階にタンス部屋をつくって、そこにタンスを集結させて、2階は小さなウォーキングクローゼットをつくりつけにしたので、2階にタンスや背の高い棚はありません。
これはよかった。見た目にも部屋がすっきりしますし、寝ている和室にタンスを置きがちですが、寝ているときにタンスが倒れて下敷きになるなんて心配がありませんから。
唯一、長男と次男の部屋の仕切りに使っている本棚があるのですが、これにはポールで突っ張りをして転倒防止をしています。

IMG_20180621_135454_hdr.jpg
天井と本棚で2本突っ張っています。

本当に役に立っているのかは実証するすべがなく、わかりませんでしたが、今回これがしっかり機能したことが確認できました。
ぜひ、背の高い棚には突っ張りポールで転倒防止策をお勧めします❗

耐震突っ張り棒ふんばりくんSuperMタイプ[25〜32cm対応]白(ホワイト)【1本】(地震対策 家具転倒防止 ツッパリ棒 つっぱり棒)

・家族は安全な1つどころに集まること。
リビングが意外と落ちたり、倒れてくるものがないし、広々としてるので安全だなと思いました。
揺れがおさまるまでは、動き回らずしゃがんで待機。

・窓やドアなど逃げることができるスキマを開ける。
阪神淡路の地震のときには、家が大きく揺れることによって、ドアがずれて開かなくなり、家から出られなくなったという事象がありました。
余震がきて大きくずれる前に、ドアが開くか確認、逃げられるくらいのスキマを開けておくと安心です。
2階のベランダの窓を開けて見ましたが、異状なく、いざというときには、2階からでも逃げられるのでここを出口として確保しました。

・持ち出し非常袋の確認を。
先日何となく非常用袋をつくっていたのですが、何を入れていいかわからず、そのままに。
今は押入れになおしたままです。
この際、もう一度中身の確認と必要なものの補充をしたほうがいいと思いました。
水は3本ほど買い置きがありました。それと合わせて、玄関に置いておくのがいいのかなと思います。2階から逃げることになるかもしれないから、ベランダ窓周辺に1つ置くとして、2つつくっておいたほうがいいかも。

・姑の安否の確認。
揺れがおさまったら、私が下に行って「大丈夫ですか」と声をかけて様子を見にいきます。
日ごろは知らんぷりですが、こういったときには一緒に暮らしていて安心だと思っているようです。

・避難で家を離れる場合は、そこにいない家族に無事を知らせるメモを残す。
「留守です」とか「避難してます」と玄関に張ったりすると、それを見て空き巣が入る可能性があります。
我が家では家族だけがわかる場所にメモを残していくことを決めました。

実際避難するとかいうことになると、姑をどうするか、車を使うか、いろいろ考えたらパニックになりそうですが、日ごろは姑と私が家にいて、私が姑とともに行動することになります。
姑の命は私が守らないといけないという皮肉にも、重大な責任があります。
持ち出し袋はどこに置いてあって、誰が持ち出すか。
こういうときはこうするということを家族で決めて情報共有しておくことが大切です。

にほんブログ村 舅・姑・小姑

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 09:23 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: