2019年07月22日

お参りしたけれど

家族の気ままに振り回される。6時前に起きたのに、誰も起きてこない。時間を間違っていたらしい。
この現状の理不尽さ、まだ寝れたーーーというくやしさを押し込めて、早起きは三文の徳と思い、今こうやってパソコンに向かっている私。
おお、ポジティブに考えられるようなってきた。

最近子どもたちの就職、進路についていろいろ考えるところがあり、何かヒントがほしいと「神社ノート」を読み返してみたり。
そうすると、何となくお参りがしたくなって、近くのお寺に行ってみることにした。
出る前は小雨から、ああ、雨が上がったかと思われたけれど、お寺の駐車場につくと本降りに。
「やんでいた雨が急に降り出す」というは神様(今回は聖天様ですが)に歓迎されていないらしい。

まあまあ、来ることに意味があるのだと進んでいく。
手水でお清めして、最初のお参りポイントで、お賽銭をいつもは10円のところ100円にしてお参りした。
ここには私しかいない。歓迎されているのか?
と思いきや、もう一つのお参りポイント、こちらのほうが重要なのだけれど、正面の鈴を鳴らすところにどーんと居座って無駄話をしているおばはんとおっさん。
本当の無駄話をしているだけ。
早くどきなさいよ!とイライラするけれど、話に夢中で全くどく気配なし。
気にせずに横からお邪魔しますよって素振りを見せて、鈴を鳴らし、お賽銭を入れてお参りするけれど、何だか話が気になるし、邪念がいっぱいできちんとお参りできなかった。
思い立った気持ちを大切にせっかく来たのに、こんな形で阻止されるなんて。
一言「どいてください」と言えばよかったのかもしれないけれど、それも何か違う気がして、結果的にもやもやする気持ちのまま帰ってきた。

ネットで調べたら、お参りするさきに人がさっといなくなったりすると歓迎されいるサインらしい。
今回はその真逆で、しかも私のお参りを断固阻止されいた。
邪念もいっぱいだった。
やはりインスピレーションは大切にしたいけれど、そもそも雨の日のお参りはよくなかったのかも。

あんまり気になるので、少し信仰心のある主人に聞いてみたところ、神様はお賽銭を払ってお参りする人をいつでもウエルカムで受け入れてくれると考えるらしい。拒否されるなんてことはないそうなので、そう思っておこう。
たまたまきょうがそうであっただけで、またいつでもどんなときでもお参りすればいいのだから。

後で「神社ノート」を読み返すと、賽銭箱の周りは人の祈願で空気がよどんでいるから、境内を歩いて空気のいいところを見つけて本殿の上空や山に向かって祈るといいらしい。(遥拝といいます)


不思議と自分のまわりにいいことが次々に起こる神社ノート [ 羽賀 ヒカル ]


ま、そんなことで、神様はおおらかなので、自分が行きたいと思ったときに行って、そのときの空気を感じとって、お参りをすればいいのです。

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 07:48 | Comment(0) | 二世帯暮らしあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: