2019年09月04日

姑には近づくな

朝ドラ好きの私、きょうの「なつぞら」は泣けた💧
なつと天陽くんのラスト、二人の演技のすばらしさ。
朝からぼろぼろ泣いて、心洗われ、放送が終わって、姑の透析の見送りへ。
一気に現実に引き戻される瞬間。

姑のわがままで、いつものドライバーさんのはからいで10分早く迎えにきてくれているのが、今朝はお休みらしく通常時間の10分おくれの到着となった。
待ち切れないから、いつもどおり外に出て、ぶつぶつ言いながら待つ。
待っているいる間はいつもの担当者さんの悪口とほかの患者さんの悪口。
その話に辟易しつつ、日が当たっているから暑いでしょうと、陰に入るのをすすめると、「壁にすがりたいから、ここに立ってる」とわざわざそこだけ日の当たるところに立ち続ける。
「ああ、そうですか」と知らんぷりで私は暑いから日陰に入った。

1分もしないうちに、やっぱり暑いと壁を断念して、日陰に移動して杖を使って自立した。
私に促されたことに屈するのが嫌なだけ。
自分で歩けるし、自分で立てる。意地っ張り。

たった10分の間に小さなイライラがたまってくる。
姑の口から出るのは、悪口とうわさ。ちょっとした話にも一言多い嫌な結末。

もう返事もしたくない。

結局通常どおりのいつもより10分おくれで来たお迎えの人に「遅い!」「この乗りにくい車、もうちょっとましな車で来てよ」とぼやいて、シートベルトのお手伝いも「自分でするから」と断って、プンスカ💢しながら車に乗っていた。
ドライバーさんも苦笑いしつつ、私には笑顔だったが、心の中はムカついていたはず。
申しわけありません、ありがとうございますと心から思う。

せっかく「なつぞら」を見て洗われた心がたちまち汚された。
「姑には近づくな、話すな、接するときは短時間で」が鉄則。
自分の心を守るために。

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 09:48 | Comment(0) | 嫁姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: