2014年02月03日

完成しました!

2002年2月に完成して、3月の初旬に義両親が先に入居しました。
私は2月末に第2子の出産が控えていたので、出産後に引っ越しの予定でした。

★玄関は共有です

DSCF0319.JPG

表札は1つ、ポストは2つです。
それぞれのポストに義父と主人の名前だけ書いているので、郵便屋さんも分けて入れるのが面倒だと思いますが、当初は振り分けを間違っていたのも、最近はコツがあるのか慣れたもので、バッチリ分けて入れてくれています。
駐車スペースは2台分あります。

全体的には、玄関だけが共有で、キッチン、お風呂、トイレ、洗面などは別の微妙な二世帯住宅です。
玄関が2つないと、二世帯住宅とは言えないことが住んでからわかりました。
完全二世帯別居を目指すならば、玄関は2つ、そのほかの水回りももちろん2つで別でないと、結局は同居になってしまいます。多分、ほかのどれが欠けてもダメだと思います。

★1階は義両親の家

DSCF0318.JPG

窓から見えているところが庭になります。まだできてないけれど(+_+)

DSCF0311.JPG

ダイニング以外は前の家と同じイメージで和室ばっかり。
引き込み式の引き戸を全部明け放すことで、ワンルームになります。
南側にそれぞれ大きな窓がついているので、明るいです。

★2階は私たちのスペース

初めて入ったときの印象はただっ広くて「体育館みたい」
ワンルームのマンションのようなつくりかなと思います。

DSCF0316.JPG

ドアから入って振り向いた感じ。
右手がキッチンスペース。

DSCF0313.JPG

キッチンは扉のない個室型。
これはあんまりだったなあ、、、。

最高の二世帯住宅をデザインする方法
絶対に後悔しない二世帯住宅のつくり方

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 12:44 | Comment(0) | 家ができるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完成間近

3月には引っ越しの予定で、だんだんと形になっていくるとともに、私も二世帯暮らしの覚悟を決めないといけません。出産も近づいてきて、気分はそれでころではないのだけれど。

01/19/2002 大工さんとの顔合わせ

DSCF0263.JPG

大工さんとの顔合わせということで行くと、義父と義母は「棟上式」の準備をしてきていた。
最近はそんなことはしないらしく、ハウスメーカーさんもそのつもりはなかったのでちょっと困っていたが、義母の迫力に押され、皆でお酒で乾杯してオードブルをつまむ。立ちっぱなしで寒かった。

DSCF0280.JPG

2階のリビング側から和室(8畳、寝室)を見たところ。
左側がテラス。右奥はクローゼット部分。全体的に図面より狭く感じる。

02/09/2002 外構打合せ

DSCF0314.JPG

いよいよ完成間近。
リビングから和室(寝室兼茶の間)を見たところ。

DSCF0282.JPG

足場も外され、家の全貌が明らかに。
南側の様子。ベランダのあるところがリビング。1階の窓前部分は庭になる。
周囲には可愛いこだわりの家が建つ中で、いたって普通のハウスメーカーの家という感じ。
私たち夫婦だけが住むんだったら、きっとこんな家にはしないなあ。

DSCF0312.JPG

子ども部屋。
将来は2つに分けられるようにドアも2つに。

DSCF0302.JPG

システムキッチンはピンクにしました♪
ひとりで黙々と料理したい、水を流す音、食洗機の音がうるさくてテレビの音が聞こえないと文句を言われたくないということで、当初はカウンター式だったのを変更して、壁面に設置して個室型に。
今思えば、あんまり意味なかった(+o+)
無駄にスペースが広くなってしまって、設計変更はよくない。

後悔しないためにも、よくよく勉強してから設計の相談をしましょう

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 12:28 | Comment(0) | 家ができるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上部工事が始まる

長かった外構工事(よう壁部分)が終わって、いよいよ上部の工事が始まります。
目に見えて形になっていくので、毎週見に行くのが楽しみでした。

11/23/2001 縄張り(地鎮祭のようなもの)

DSCF0205.JPG

ハウスメーカーさんより「縄張りをします」との連絡。
大体の位置確認など。最近は地鎮祭などもあまり行わないらしく、私たち夫婦はそれでよかったんだけれど、やはり義両親はこだわった。自分たちでお神酒、塩などを用意してお供えしたらしい。私は風邪で具合が悪く欠席したので、知りませーん。
手前、左側が玄関、コンクリート壁前が2台分の駐車スペース。

12/24/2001 上の部分の工事が始まりました

上部工事

やっと住居部分の建築が始まった。
長男の幼稚園の予定や私の出産があるので3月には絶対に引っ越さなくてはいけない。
基礎部分でかなりの日数がかかってしまったので、後は大急ぎ(ただし、手抜き工事のないように)で、本年中に枠組だけはできるらしい。

01/04/2002 建物ができていた!!

上部工事

年が明けてお正月休みの間に見に行くと、屋根まで建物が出来上がっていた。なんという早業。ドアや窓も入っていてびっくり。
いきなり実感が湧く。

ドア

たまたま1階の窓の鍵が開いていたので忍び込むとまだガランとしているが何となく間取りの雰囲気はつかめる。図面で見るよりは狭い感じ。
もう、この現実から逃げることはできないのだ。

01/13/2002 ベランダはちょっと広め

DSCF0257.JPG

連休中、私はあんまり体調がすぐれず、主人と長男だけでお正月明けの進行状況を見に行った。
前回とあまり進展し。ベランダに忍び込んだ2人、、、当時幼稚園就学前の長男が写っています。あのころは可愛かったけど〜今はもう高校生です。

主人に画像を見せてもらって、、、せっかくの高台ということで、眺望も楽しめるちょっとしたテラス感覚で広めに設計してもらったつもりだけど、実際見ると思ったほど広くないなあ。

住宅を建てる前に知っておきたいいろいろ

スポンサーリンク

posted by ぱせり at 11:00 | Comment(0) | 家ができるまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする